四季折々の梅宮大社で前撮りするに最適な時期はある?

年賀状用の習字印刷にもぴったりとハマる四季折々の梅宮大社での前撮りは、特に和装前撮りに最適な場所として京都では人気のスポットで、高く支持されています。

日本の四季の移ろいを感じることができるこの大社での前撮りに一番最適な時期があるとすれば、それは6月から7月にかけての時期です。

その理由として梅宮は梅の名所と呼ばれるほど、梅の花をはじめ有形文化財になっている建物が存在するからです。
そのような梅の花や建物をバックに前撮りすれば、素晴らしい写真を残すことができる期待が高まります。

婚礼写真を記念に残す

もちろん1年を通して季節ごとの花を楽しむこともでき、大社の境内をのんびりと自由に歩き回る猫達と一緒に記念撮影を楽しむのも密かな人気スポットとなっています。

梅がまだ見頃ではない時期でも、この自然豊かなロケーションと野鳥もいる梅宮大社は壮大な景色で私達を楽しませてくれること間違いなしです。

ちなみに関西では子授け、安産神社としても有名なこの場所の魅力は、梅の庭園やあじさいがある神苑だけでなく、境内に置かれている沢山の酒樽の奉納もよく知られており、非常に写真映えする場所で人気です。
日本古来の雰囲気が醸し出されたロケーションは、年賀状に相応しいです。

前撮り習字ショットやフォントで差をつける

和装前撮りで一番人気の習字印刷ですが、近年人気の和装前撮りでの書道ショットで他の人と差をつけるのも素敵なアイデアの一つです。

和装の新郎新婦が書かれた書道持ったフォトは、伝統的な背景ともぴったりと合い前撮り和装の撮影小物としても年賀状用に大活躍してくれます。

結婚報告ならシンプルに結婚しましたというフォトも良いですが、よりカジュアルに報告するスタイル風景も人気です。結婚の報告

新年の挨拶では新春や迎春、元旦という言葉と共に、あけましておめでとうございますやちょっとしたメッセージも書道印刷が映えます。

書道印刷の選択肢としてお勧めなのは、年賀状の定番である筆で書いたような毛筆フォントは全体的に品格を与えてくれ、選択する最適なフォントスタイルによっては柔らかい雰囲気や落ち着いた分に気、味のある雰囲気など様々な演出ができ、ただ幅広い世代に受け入られるだけの年賀状でなく、個性をしっかりと相手に伝えることができるのも魅力です。

送る側だけでなく年賀状を受け取る側も楽しめる、個性が光るクオリティの高い年賀状と息をのむ絶景を背景にした前撮り年賀状は、実際に自分もその場所に足を運んだかのような体験ができる魅力に溢れています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)