四季折々の梅宮大社で前撮りするに最適な時期はある?

年賀状用の習字印刷にもぴったりとハマる四季折々の梅宮大社での前撮りは、特に和装前撮りに最適な場所として京都では人気のスポットで、高く支持されています。

日本の四季の移ろいを感じることができるこの大社での前撮りに一番最適な時期があるとすれば、それは6月から7月にかけての時期です。

その理由として梅宮は梅の名所と呼ばれるほど、梅の花をはじめ有形文化財になっている建物が存在するからです。
そのような梅の花や建物をバックに前撮りすれば、素晴らしい写真を残すことができる期待が高まります。

婚礼写真を記念に残す

もちろん1年を通して季節ごとの花を楽しむこともでき、大社の境内をのんびりと自由に歩き回る猫達と一緒に記念撮影を楽しむのも密かな人気スポットとなっています。

梅がまだ見頃ではない時期でも、この自然豊かなロケーションと野鳥もいる梅宮大社は壮大な景色で私達を楽しませてくれること間違いなしです。

ちなみに関西では子授け、安産神社としても有名なこの場所の魅力は、梅の庭園やあじさいがある神苑だけでなく、境内に置かれている沢山の酒樽の奉納もよく知られており、非常に写真映えする場所で人気です。
日本古来の雰囲気が醸し出されたロケーションは、年賀状に相応しいです。

前撮り習字ショットやフォントで差をつける

和装前撮りで一番人気の習字印刷ですが、近年人気の和装前撮りでの書道ショットで他の人と差をつけるのも素敵なアイデアの一つです。

和装の新郎新婦が書かれた書道持ったフォトは、伝統的な背景ともぴったりと合い前撮り和装の撮影小物としても年賀状用に大活躍してくれます。

結婚報告ならシンプルに結婚しましたというフォトも良いですが、よりカジュアルに報告するスタイル風景も人気です。結婚の報告

新年の挨拶では新春や迎春、元旦という言葉と共に、あけましておめでとうございますやちょっとしたメッセージも書道印刷が映えます。

書道印刷の選択肢としてお勧めなのは、年賀状の定番である筆で書いたような毛筆フォントは全体的に品格を与えてくれ、選択する最適なフォントスタイルによっては柔らかい雰囲気や落ち着いた分に気、味のある雰囲気など様々な演出ができ、ただ幅広い世代に受け入られるだけの年賀状でなく、個性をしっかりと相手に伝えることができるのも魅力です。

送る側だけでなく年賀状を受け取る側も楽しめる、個性が光るクオリティの高い年賀状と息をのむ絶景を背景にした前撮り年賀状は、実際に自分もその場所に足を運んだかのような体験ができる魅力に溢れています。

憧れの京都府庁で前撮りをしよう

京都というと、日本を代表する観光都市です。
この場所を舞台にした映画・ドラマ作品も多く、
大半の方がドラマで見た建物を覚えていることでしょう。

京都府庁もそのひとつであり、国の重要文化財に
指定をされている歴史のある建造物です。

現在も府庁として機能をしており、さまざまな作品でその姿を目に出来ます。

日本では数が少ない洋館ですが、ここで前撮りをしたい方には
bishouen.comをおすすめしましょう。

2017年に京都に誕生した写真スタジオで、
随時前撮りにも応じられているところです。

インターネット上で予約受け付けをなされているため、
観光で訪れる方が前撮りをなさるケースが目立ちます。

観光と前撮り

このスタジオの前撮りの相場は約10万円から20万円となっており、
全国の平均価格と大差はありません。

ところが国内屈指の観光都市にスタジオがあることから、
有名な場所をロケ地候補で用意をされているのが魅力ポイントになります。

府庁であれば正面入り口から、議会場・階段など
すべての施設内を対象にされており、明治から
大正時代の良き趣のある背景でカップルの記念写真を
提供されています。

前撮りを実施するにはいいスタジオです。

洋装にも合う歴史ある洋館で挑戦しよう

和装姿で実施をされやすい前撮りですが、
歴史ある洋館で撮影に挑むなら、洋装で挑むのが望ましいでしょう。

bishouen.comでは神社・仏閣向けの和装だけでなく、
洋館の撮影にも合う洋装の貸衣装も豊富に用意をなされているのが特徴です。

洋装にも色んなスタイルがありますが、男性ならタキシードから
燕尾服などをチョイスすると良いでしょう。

女性の場合はさらに豊富な種類で構成されており、
ドレスだけでもbishouen.comでは約400種類もあるほどです。

府庁は大正時代に建設された建物なので、ピンクやホワイトの
フリルがたくさんついているドレスがおすすめです。

前撮りで貸衣装を利用する際、自身のスタイルに
ピッタリを合ったものを着用しないといけません。

前撮りに合うスタイル

前撮り撮影をするときに、あらかじめ自分で採寸をおこなっておいて、
予約フォームに細かく記載をすると本番時にサイズが合っているものを用意してくれます。

自分で持ち込みをすることも可能なので、挙式で着用するドレスを持って行くのも一つの手です。

その装いに合ったヘアメイクのサービスも受けられるので、
素敵な前撮り撮影に挑んで、歴史に溶け込むことが可能です。

紅葉とともに新緑も楽しめるお寺

東福寺は、季節の移ろいとともに絶景を楽しむことができるスポットとして、地元の人に加えて観光客にも人気です。

一番良い季節とされるのは秋で、紅葉の名所として知られるこの寺には多くの人が訪れます。

紅葉の名所で前撮り

京都市内でもベスト3に入るこちらの寺にはモミジの数が多く、
イロハモミジやトウカエデなど約2,000本の多種多様なモミジを見ることができます。

その中でも、中国が原産とされる、葉先が3つに分かれている「通天モミジ」が有名です。

紅葉がみられる時期は10月の終わりごろから12月の初めごろとされ、特に11月中旬から12月初旬が見頃です。

境内に設けられている回廊から見る紅葉が美しいとされ、回廊沿いにつきだすような形で作られた「張り出し舞台」から眺める紅葉はとても人気です。

また、新緑の若葉の時期は紅葉の時期とは違い、京都らしい静かな雰囲気が味わえ、訪れるのにおすすめの時期といえます。

こちらに来る際には、電車かバスで訪れるのがおすすめです。

なお、電車で来る場合はJR京都駅から一つ目となっており、いずれの公共機関を使ってもアクセスが良い場所となっています。

車で来る場合ですが、紅葉の期間中はあまりにも込み合うため、併設されている駐車場が閉鎖されることがあるため、注意が必要です。

bishouen.comで実施する前撮りの詳細

観光客にも人気の東福寺は、結婚式の前撮りの場所としても人気です。
それで、bishouen.comでも東福寺での前撮りを実施しています。

前撮りのタイミング

そして、実施できるタイミングは観光客が多い紅葉シーズンを除く時期となっています。

その中でもベストシーズンとして挙げているのが、青紅葉が美しい初夏から紅葉シーズン前の初秋です。

特に、5月と6月、9月と10月前半は、前撮りで人気の本坊庭園と通天橋付近の両方で撮影するのが人気で、白無垢と色打掛両方を着用する人も多くいます。

前撮りの際の注意点ですが、まず境内で撮影を行うためには事前申請が必要で、境内外で行われる行事のために申請が通らないこともあるため、日程に余裕を持っておくことが大切です。

また、前撮りの際は参拝者を優先して撮影が行われるため、周りの人に配慮を払った行動が求められます。

撮影ができる時間は、拝観時間である9時から16時で、冬季は15時半までです。

そして、支度の時間として2時間、移動時間が20分であることを考えて、朝7時くらいに来店し、9時から撮影するケースが一般的です。

特に参拝客の混雑や夏の時期は涼しい時間を実施できるよう、朝の時間を指定するとストレスなく撮影できます。

今宮神社の境内における前撮り

今宮神社の境内は朱色の建物や橋といった前撮りのスポットがたくさんあります。
神社らしい朱色の建物をバックにすると、厳かな建物と一緒に凛々しい写真を撮影することができます。

結婚前の想い出

こちらのスポットは非常に静かな場所なので、ゆっくりと前撮りを楽しむことが可能です。
お互いに和装が綺麗に写るため、結婚をするにあたって欠かせない思い出の写真を残せます。

また、写真を撮影するだけではなく、境内を一緒に散歩することで楽しいひと時を過ごせます。
のんびりと2人で歩きながら、じっくりとここで写真を撮りたいと思うような場所を探していくといいかもしれません。

この場所における人気な前撮りのスポットは、境内の庭にある朱色の橋です。
自然に囲まれている様子が美しく、写真もまた綺麗に撮れます。

さまざまなポーズで前撮りを楽しむといいでしょう。

他にも、1000年以上の歴史を誇る立派な門の前で撮るのも1つの手段です。
このように、結婚の記念にもなりますし、文化の美しさと合わせて映える写真を手に入れられます。
2人きりの空間を作り出せるくらい静寂とした場所なので、ムードを良くする上でもスポットとして選ぶのは必要不可欠といえます。

季節や食べ物も考慮した前撮り

写真を撮る際には、スポットだけではなく季節や食べ物も考慮しておくといいでしょう。

こちらの神社は、春になると桜が咲いて世間的にも京都の名所として知られています。
桜と一緒に写真を撮れば、由々しき文化に併せて春の景色を押さえることができるのです。

写真に収める

春だけではなく、夏には綺麗な新緑が2人の姿をより美しくします。
特に夏の日に前撮りをするメリットとして挙げられるのが、日差しが輝かしく写るということです。

境内の庭にある朱色の橋で前撮りをすれば、丁度木漏れ日が綺麗な写真を完成させることもできます。
夏の日に前撮りを考えている場合は、光の写り方も視野に入れておきましょう。

最後に、季節だけではなく食べ物を一緒に写すという方法もあります。
この地域における食べ物の名物は、あぶり餅です。

和風なお店で食べている姿を写せば、京都の独特な雰囲気を残した写真となるでしょう。
2人とも和服姿で写真を撮れば、観光を心から楽しんでいる記念も残ります。

あぶり餅自体も地元の方でなければ滅多に食べられるものではないので、これを機に2人で食べてみるのもいいかもしれません。
このような工夫を前撮りに凝らしてみることが大切です。

京都らしさを感じながら前撮りできる

結婚式では着用しない衣装で前撮りしたり、結婚式は行わないけれど思い出として記念の写真を撮影したり、フォトウェディングの人気が高まっています。特に京都でのフォトウェディングの人気が年々高まり、前撮りをするために京都を訪れるカップルも増えています。

カップルで訪れる

京都というと、平安時代から続く由緒ある神社仏閣がたくさんあり、趣深いシチュエーションで思いでの写真を残すことができます。また、神社仏閣だけでなく、京都には歴史的建造物や名庭も多くあり、歴史を楽しみながら前撮りできます。

今回紹介する京都市左京区にある「白河院」は、京都市の指定名勝に選ばれている和風旅館です。平安神宮の近くにあり、本格的な池泉回遊式の山水庭園のある“京都らしさ”を感じられる旅館で、数奇屋造りの別館も有します。そのため、歴史を肌で感じながら、フォトウェディングを楽しむことができます。

さらに、山水庭園の紅葉が美しい時期にフォトウェディングを行うと、他では撮れないような素晴らしい写真を残すことができます。庭園の池は、東山を借景として琵琶湖疎水の流れを引き込み、周りに植えられた木々は、季節の変化によって四季折々の色を写し出します。

景色も観光も楽しめる白河院

白河院の周辺には、多くの観光スポットがあり、前撮りのついでに観光も楽しめます。

京都市美術館や京都市動物園、京都国立近代美術館など文化施設が並ぶ岡崎公園エリアで、岡崎公園には大鳥居がそびえ立ち、その先には小説「細雪」でおなじみの平安神宮があります。広い敷地のある神社で名勝にも指定されている平安神宮は、桜の名所としても有名です。「そうだ京都、行こう」というフレーズで話題になったJR東海のCMでも取り上げられました。

そんな素晴らしいロケーションにある旅館で、もちろん宿泊するのも最高ですが、昼食だけ楽しむことも可能です。季節の新鮮な食材を活かした本格的な京懐石を堪能することができます。お食事を楽しみながら、美しい庭園も鑑賞できるので、自分たちだけの特別な時間を味わうことができます。

ここから東へ行けば、徒歩でも行ける距離に南禅寺や永観堂など、日本有数の紅葉スポットもあります。歩いてさまざまな観光スポットへ行けるので、渋滞に巻き込まれることもなく、移動もスムーズです。国内外から多くの観光客が訪れる京都では見逃せないポイントです。

「結婚式の前撮りをどこにしようか」「京都のどこが良いのか」と迷われているカップルは、ぜひ候補に入れてみてください。

前撮りを楽しむ

江戸時代をコンセプトにした建物

京都で和装の前撮りができるスポットとしては、京都国立博物館があります。敷地内の東西には庭が設けられていますが、その内東側には、堪庵という茶室があります。

昭和33年に実業家によって寄贈されたもので、江戸時代初期の数寄屋造りをコンセプトに作られています。1620年から続く桂離宮を元にしていたり、江戸時代の武将の好みをモチーフにするなど、博物館らしい歴史的な側面を併せ持っています。

建物の中は書院や水屋など複数の空間に分かれていて、玄関から最も遠いところにあるのが茶室の堪庵です。そして庭には飛び石であったり、岩が無造作に置かれているなど、和の雰囲気が溢れています。

建物は庭の中にあるため周囲は鮮やかな緑に囲まれた舞台です。そしてその緑は秋には紅葉となるため、雰囲気を大きく変えます。

紅葉の撮影

そんな堪庵は実際にお茶会に使用するなどの目的で一般公開されていて、前撮りの舞台としても利用できます。定番なのは庭から堪庵を見る角度で、画面いっぱいに和の雰囲気を納めることができます。

縁側は低くなっているため、腰をかけての撮影も可能です。実際に茶会ができるので前撮りでももちろん中にも入ることが可能で、畳のある空間の中での撮影もできます。

比較的安い料金で貸切できる

様々な施設はメディアを始めとする撮影で有料で用いることができ、前撮りも想定されています。そしてそれぞれ場所によって、異なる料金が設定されていて、1時間単位で利用することができます。

玄関ホールや講堂は1時間当たり2万円を超えるほどの高額設定ですが、堪庵は3000円以下で済みます。平日と土日祝でそれぞれ料金が異なりますが、いずれも利用時間は午前9時から17時で変わりません。

原則として事前申請を行い、あらかじめ設定しておいた時間分は貸切で利用できます。その時間内には準備と片付けも含まれていて、なおかつ時間をオーバーしてしまうと延長料金が発生してしまいます。

ただ堪庵はそこまで料金が高くはないため、2・3時間と余裕を持って設定しておくのも難しくはないでしょう。

3時間でも1万円程度なので、比較的リーズナブルかつのんびり撮影ができます。

前撮りの費用

そんな堪庵を前撮りで利用のためにはまず、仮予約をする必要があります。電話窓口が用意されていて、6か月先まで指定が可能です。

そして仮予約後の料金提示で問題がなければ、利用の20日前までに使用許可申請書を提出し、支払いを済ませることで前撮りに利用できるようになります。

お宮参りの前撮りの和装ではどんな着物にすればよい?

子供が生まれてからまず最初の行事となるのが、お宮参りです。
神社などでお参りをしますが、その前に別日に写真館やスタジオで前撮りをすればゆっくりときれいに写真を撮ることが出来ます。

同じ日に予定を入れる方もいますが、産後まだ1か月ほどですし赤ちゃんもタイミングが悪いとぐずったり疲れて寝てしまったりすることもありますので、前撮りがお勧めです。

写真スタジオ

母親はお参りの時にはスーツやワンピースなどでよいですが、写真におさまるときには是非和装にしてみてください。
きっと良い思い出になりますし日本の伝統的な文化です。

昔はこういった行事で選ぶ着物は、格式の高いものを選ぶ風潮が有りました。
しかし今は大分フランクになってきていますので、訪問着や色無地、付け下げといった少しライトな着物でも問題は有りません。

明るい行事なので色は明るめのものを選ぶのが良いでしょう。

帯に関しては袋帯を選ぶのがポイントです。
表地と裏地が縫い付けられているのが袋帯で、正式な帯です。

古典的な柄を選ぶとより格式も高くなりフォーマルな印象になります。
赤ちゃんを抱っこする場合には隠れてしまいますが、赤ちゃんの撮影方法によってはうつりますのでこだわって選ぶことが大事です。

和装にこだわりたいけれどあくまでも主役は赤ちゃん!

和装にすることで、普段あまり着ものを着る機会が無い方は、張り切って柄なども選びがちです。

ゆったり前撮り

しかしお宮参りはあくまでも赤ちゃんが主役ですので、赤ちゃんのドレスや着物よりも目立ってしまわないように選びましょう。
その中でもお祝い事ですので明るい系の色を選ぶのはお勧めです。

草履は前撮りの全身写真の時には写る可能性も多いにありますし、着物とコーディネートして選ぶと良いです。

礼装用の袋帯と合わせるのであれば金刺繍の入ったタイプをえらんでもよいですが、訪問着や付け下げなど、ラフな着物と合わせるのであればシンプルなエナメルタイプの方が無難です。

草履は鼻緒の色と違うカラーを選んでしまいますと、カジュアルな印象になりますので要注意です。

この行事はまだ生まれてからあまり日が経っていない時に行われるものですし、お母さんや赤ちゃんの負担をできるだけ少なく、あまり長時間に及ばないように撮影をするのが一般的です。

しかしいくら時間が長くないからといって、着物をきつく着つけてしまいますと体には負担がかかりますので、身体を締め付けすぎないように着つけるのがポイントです。

和装の方がスーツなどのフォーマルよりも、より思い出に残る写真になるでしょう。

コロナは前撮りに影響を及ぼしたのか

日本では、2020年1月にコロナウィルスの患者が発見されて以来、
患者数は増加傾向にありましたが、4月をピークに
その後減少傾向の状態です。

京都では、東京や大阪あるいは北海道に比べると
患者数は少なかったものの、インバウンドによる
外国人の入国で患者数が増加した可能性があります。

この時期に前撮りをしようと考えていた人は、
なかなか前撮りをすることができず悶々とした日々を
過ごしたかもしれません。

コロナのストレス

前撮りをする場合も人と人が接しウィルスが蔓延してしまう
可能性があったため、多くの人は行動を控えたはずです。

しかし、緊急事態宣言が解除された後は少しずつ
前撮りの予約が増えてきています。

しかも6月あたりは、日本よりも欧米を始めとする
世界の国々の方がウィルスが蔓延しており
入国する外国人観光客も少ないため
撮影がしやすいと言えるでしょう。

このような背景を見ると6月以降は写真撮影に
よい時期と言えますが、今後夏になるにあたり
気温も大きく上昇するため、撮影数はそこまで増えない可能性があります。

撮影として魅力的な時期の1つは、春と秋になります。
今後秋から春に向かい、前撮りの需要は高まる可能性は
ありますが、インバウンドの影響も受けるか問題です。

今後外国人観光客が増えるか

日本は、GDPを増加させるためインバウンドに力を入れてきました。
特に、外国人観光客の多い京都では、多くの収益を得る
結果となっています。

ところが、2000年の冬から広まったコロナウィルスの影響により、
インバウンド客がほとんど姿を見せませんでした。

2020年5月には、例年の99.9%の人が来日を取りやめたため、
京都でも外国人観光客はほとんどいなかった状態です。

日本では、緊急事態宣言が解除された後は、少しずつ
外国人観光客が来る可能性があります。

外国人観光客は、海外から前撮りの予約をして
京都で写真撮影をする可能性もあるでしょう。

そうすると、外国人観光客が戻ってきたときに、
日本人が前撮りの予約をするのが難しくなりそうですが、
この点に関してはそこまで気にしなくても良いでしょう。

まず、外国人観光客自体はそれほど来ないことが予想されています。
少なくとも、世の中が不景気になっていることを考えれば
安易に海外旅行する人は減るはずです。

また、ながら日本国内でもウィルスが完全になくなった
わけではないため、あえてリスクを冒して日本に来る観光客も少ないでしょう。

そして、2021年の春以降は第二波が来るとの予想が
立っているため、やはり外国人観光客は
減少傾向になると考えられます。

そのため、日本人が京都で前撮りを予約することは、
そこまで難しくならないでしょう。

前向きに前撮りする

前撮りのスポットとして人気が高いのがビーチ

一生の記念となる結婚式に向けて様々な準備をしているという方は多いですが、
多くの方が前撮りとしてフォトウェディングを行う機会が増えており、
衣装やロケーションにとことんこだわって素敵な写真を残したいという方が大半です。

最高の前撮りにするためにも、非常に重要となるのが
写真に写る時に身につける衣装やロケーション選びだと
いわれていますが、夏の季節に結婚式を挙げる予定が
あるという場合にはビーチが非常に人気が高いです。

このスポットは青い空と白い雲、キラキラと青く輝く海と
まばゆい白い砂浜が最高のロケーションとなって
理想的な前撮りにすることが出来る魅力があります。

実際にこのスポットを選ぶカップルが多い理由として、
沖縄やハワイ、グアムなどの人気のスポットで
撮影することが出来ることでハネムーンついでに
撮影が行えることが挙げられます。

ハネムーン旅行

他にも青い空や白い雲、輝く海をバックに撮れるので非常に魅力的な仕上がりになります。

国内の海でもいいですが、日本から3時間の場所にある
グアムなどは海の透明度が高く、エメラルドグリーンのコントラストは非常に美しいです。

ワイキキ周辺のフォトスポットでは、日本では中々出会えない素敵な景色を背景に最高の瞬間を写真で残すことが出来ます。

前撮りフォトでおすすめのポーズとは

ウェデングフォトを撮る際にロケーションを
ビーチに指定するカップルは増えてきていますが、
衣装やロケーションにとことんこだわりたいなら
二人のポージングも重要となってきます。

いざ撮影するとなるとどんな表情やポージングを
すればいいのか分からないという方も多いので、
事前にどのような種類のポージングがあるのか
チェックしておくと、撮影時にもスムーズに
様々なポージングで写真を撮ってもらうことが出来ます。

定番のポージングなら二人で簡単に出来るタイプとして
「プロポーズショット」などが人気です。

プロポーズショットの中でも最も定番だとされているのが、
並びのシーンで向かい合わせに立って何かを渡すような動きを
写真で形に残すことができれば完成です。

最もスタンダードなポージングですが、青く輝く海を
バックに撮影をすれば、爽やかで素敵なシーンに
仕上げることが出来ます。

男性がひざまづいて花嫁にブーケを渡すカットの他に、
指輪を渡す方法やジャイアントフワラーなど小道具などにも
二人のこだわりを取り入れることが可能です。

二人で簡単にとれるポージングは他にも、手をつないで
二人が同じ方向を向いて撮るウェディングフォトも
定番ですが、花嫁が目線を下に向けることで、
しっとりと落ち着いた雰囲気になります。

プロポーズ

京都の前撮りで楽しみたい角隠し

和風の着物や角隠しを一度は体験してみたいと
憧れている女性たちが増えてきています。

着物に憧れる

人生の門出である結婚式で、その艶やかな姿を
いつまでも残しておきたいと望む人が多くなっているのです。

京都市内には、日本庭園や仏閣などの重要文化財が多数あります。
それらの趣のあるロケーションで、結婚式の前撮りを行っている
カップルの満足度は非常に高く、利用した人々の口コミによる評価も
急上昇しているのです。

自分好みの着物や角隠しなどを身につけて、美しい最高の状態を
写真に残しておける京都での結婚式の前撮りは、若いカップルから
中高年の年配の夫婦まで、あらゆる世代の男女から厚い信頼を
寄せられています。

伝統的な空間で、歴史の重みを感じながら幸せな瞬間を
撮影することが可能な前撮りサービスを、自ら依頼する新郎新婦が
年々増加してきています。

前撮りサービス

今後もその流れはさらに高まっていき、生涯忘れることのできない
2人だけの素敵な思い出を残しておける便利なサービスとして
親しまれています。